餃子、餃子、餃子

立て続けに食べましたので、まとめて記録しておこうかと。
まず妻のリクエストで鶏むね肉の餃子をつくり、次の日に王将VS大阪王の生餃子を2人前ずつ買ってきて食べ比べるという・・・ね。
彼女はマイブームが起こると飽きるまでつづけられるタイプでたまに付き合います。

最初は超あっさり鶏むね餃子

手作り餃子:鶏むね肉ミンチ

焼くの失敗して崩れまくってますが、作り方は鶏むね肉2枚を例のミンサーでひき肉化し、全卵一個と生姜のみじん切り、にんにくひとかけすりおろしし、ネギを小口切りしたもの、白菜をみじん切りの上軽く塩して水分を絞ったものを投入し、片栗粉で硬さを調整したらアンの完成。今回は市販の餃子皮で包み焼きました。フッ素コートのフライパン使っててもへばりついてしまって完全にくずれてしまいました。両面焼きしてできあがり。

味はとってもあっさりしていくらでも食べられる感じ、油も塩分もめっさ控えめで消化吸収にやさしい仕様です。ただ、にんにくはひとかけでもかなり効いてたです。

そして次の日・・・。

餃子の食べ比べ(王将VS大阪王)
手前が大阪王、奥が王将の餃子

近所には最近できた大阪王と前からある京都王将の2店舗があるので食べ比べしたい!と妻のリクエストにより、生餃子をそれぞれ2人前購入し自宅で焼いてみました。写真でみてのとおり手前の大阪王は整形がきれいで打ち粉多めなので羽ができかけています。奥の王将はいつもの感じで。1っ個をそれぞれ重さを図ってみると、できあがり約24gでほぼ同じでした。どちらも両面焼きにて食しました。

・価格は大阪王が500円超え、王将のが500円以内で安い。
・皮は大阪王のがクリスピーに仕上がりました。
・餡は王将のがジューシーで若干あっさりしています。
・にんにくはどちらも控えめでした。

ずばり僕の好みは王将でした。なんか、ずっと食べられる味っていうんですかね。慣れているからかもしれませんが。そしてついてくる餃子のタレよりも、米酢にコショウだけのものが合いましたよ。僕的には。大阪王の焼き上がりは皮がしっかりしていて中の餡の水分が少なく味付けがしっかりしている印象ですね。ひとそれぞれお好みなんでしょうね。

それで、普段2人前を食べることってないんで舐めてましたが、油がキツイ。軽く胸焼けし、翌日の今日の朝はすこし気持ちわるい。昼は鶏肉とミルフィーユ白菜でした。50を超えるとだめですね。1人前でいいですわ。ははは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です